THE 削減チーム
 

 

人件費削減
リサイクルトナー
リサイクルの流れ
Q&A
PCリサイクル
お問い合わせ

 

PCのリサイクル

私たちが使っているパソコンも、きちんとしたリサイクルが必要となってきています。これからの環境社会のために、メーカーとパソコンユーザーの皆様が協力しあって、使わなくなったパソコンは捨てるのではなく、新しい形で、資源としてふたたび活用していく。それが、“PCリサイクル”なのです。
これからの循環型社会のために、最近ますます家庭で利用する人が増えてきているパソコンも、資源のとぼしいわが国にとって、きちんとしたリサイクル・再資源化をして、地球の資源および地球の環境を守っていかなければなりません。そこで、平成15年(2003年)10月1日より「資源有効利用促進法」に基づいて、メーカーとお客様が協力しあって、家庭のパソコンを再資源化するPCリサイクルが始まりました。使用済パソコンはこれまで、自治体が回収・処理していましたが、廃棄されるパソコンのメーカーが回収し、部品や材料をより有効に再資源化していきます。また、 PCリサイクル開始以前に購入されたパソコンは、「回収再資源化料金」のご負担が必要となります。
回収するメーカーがないパソコン(自作のパソコン、倒産したメーカー・事業撤退したメーカーのバソコンなど)は、有限責任中間法人 パソコン3R推進センターが有償で回収・再資源化します。

事業所から廃棄されるパソコン

法人(企業、リース会社、官公庁、自治体、学校、病院など)のお客様所有の使用済パソコンの場合は、個人のお客様所有の“家庭系PCリサイクル”とは異なる回収手順になります。平成13年4月1日「資源有効利用促進法」の改正により、法人(事業系)のお客様から廃棄される使用済パソコンの回収・再資源化がメーカーの義務となりました。
この“事業系PCリサイクル”も、皆様のご理解とご協力により、順調に再資源化実績を伸ばしています。 メーカーの立場から適正なリサイクル処理を行い、パソコンの3R(リデュース、リユース、リサイクル)を推進し、限りある資源を有効利用するため、“事業系PCリサイクル”にも取り組んでいきたいですね。

企業のPCリサイクルQ&A

メーカーは企業等から廃棄されたパソコンについても回収・再資源化する義務があるのですか。

メーカーには、資源有効利用促進法に基づいて企業等から排出されるパソコンについても求められれば回収して再資源化することが決められており、平成13年4月から実施されて   います。

企業等がパソコンを廃棄する場合も家庭系パソコンと同じ仕組みで回収されるのでしょうか?


エコゆうパック回収スキームは家庭から排出されるパソコンしか取り扱うことはできません。企業等から排出される事業系パソコンについては各メーカーがそれぞれ回収スキームを構築しています。

企業等からメーカーがパソコンを引き取る場合の申込み窓口、料金はどうなっていますか?

事業系パソコンについては、各メーカーがそれぞれ回収スキームを構築していますので、窓口、料金なども各社ごとに異なります。各社の事業系パソコンの回収の窓口については各社がホームページなどで公表しています。また、事業系パソコンは排出時に料金を徴収する方法が定められており、家庭向パソコン用のPCリサイクルマークが付くことはありません。料金は回収する台数、排出場所数などによって大きく変わってきますので、各社がお申込みに応じて見積りをしています。

企業等はメーカー以外の産業廃棄物業者に不要となったパソコンの処理を委託してもよいのでしょうか?

資源有効利用促進法はメーカーには回収・再資源化の義務を課していますが、排出者にはメーカーに戻さなければならないという義務を課している訳ではありません。従って、排出する企業には当然メーカーに排出して協力することが、法律上、期待はされているのですが、メーカーに戻さなければならないという法律上の義務が課せられているわけではありません。廃棄物処理法に則った適正な処理がなされるのであれば、産業廃棄物業者に処理を委託しても法に触れるということはありません。

注目サイト

シャネルやプルミエールの高価買取
http://housekihiroba-kaitori.jp/腕時計買取/シャネル/プルミエール

最終更新日:2016/7/13

 

Copyright (C) 2008 THE 削減チーム. All Rights Reserved.